効果的な発声練習のやり方について

話し上手な人は、話術がたくみであるだけでなく、発声自体が上手であることが多いです。どれほどたくみな話術でも、聞き取りづらい声や発音では、聞く人はその会話を楽しめません。逆によく通る声によるなめらかな発音である場合は、それほど面白くない話題でも聞き手はつい聞きほれてしまったりするのです。そのような発声や発音をするには、日頃からのトレーニングが必要です。声は筋肉の動きで発せられるものですから、筋肉を発達させることでより良い発声や発音ができるようになるのです。具体的な発声練習のやり方をご紹介します。
まずはできるだけ大きな声を出すためのトレーニングです。
誰でもある程度大きな声を出すことはできますが、無理に出す大声は怒鳴り声のようになってしまいがちですし、ノドを痛めてしまう可能性もあります。ですから大きな声を出すトレーニングは、無理やり大声を出し続けるというものではなく、使う筋肉を増やすというやり方になります。一般的に大声は、大きな口を開けてノドに力を入れて発する人が多いのですが、そうではなくまずは、意識を胸から胃袋にかけて集中させましょう。ノドの管が胸や胃袋にまでつながっていると想像して、それを膨らませるように力を入れます。


一本の太い管となった状態で、息を吐きながら発声すると、良く通る大きな声が自然に出てきます。さほど大きな口を開けずとも、むしろすぼめていたとしても、このやり方でなら大きな声が出せます。
ノドを痛めることもありません。胸筋や腹筋が発達すればするほど、管はより太くなり、大きな声が出せるようになります。
そのため筋肉トレーニングもあわせておこなうことで、発声練習の効果はグッと高くなります。次になめらかな発音をするためのトレーニングですが、これは主に頬やアゴの筋肉を鍛えることになります。口を大きく開けたりすぼめたり横に引き伸ばしたりすることを繰り返すだけで、徐々に筋肉は発達していきます。頬やあごを最大限に使いながら、あいうえおという発音をひたすら繰り返すだけでも十分に効果が出るのです。慣れてきたら、その口の開き方で早口言葉を読むトレーニングをおこないます。しっかりと口を開け閉めしながらひとつひとつの語を発音し、かつそれをスピーディにおこなうのです。最初のうちはうまく発音できなかったり数分で頬やアゴが疲れたりしてしまいますが、続ければ続けるほど必ず上達します。
これらの発声練習を続けていると、日頃のちょっとした会話でも聞き取りやすい声と発音でおこなうことができるようになり、聞き手に好印象を持ってもらえるようになります。


次の記事へ