声優学校での基本

声優やアナウンサーのような、職業の人はボイストレーニングは欠かせないと思います。アナウンサーなら、言葉ははっきりとお腹から声を出して、大きな声で言います。自分がうんぬんではなく、相手に分かるようにいうことが、とても大事なことになってくると思います。声優さんのかつぜつも練習などをおこたっているとすぐに、かつぜつ悪くなってしまうので、いつも鍛える必要があると思います。そのため声優の学校などに通い、自分を甘やかすことなく、常に勉強の精神でいることが、いつまでも上手く発声できるんだと思います。声優学校に通っていれば、一人で練習し続けるよりも、誰かにどんな感じなのか聞いてもらえたり、アドバイスをもらえたりできると思います。ダメなところを指摘されれば、次からの練習の課題もみつかるし、自分自身がもっと成長できるはずです。声優の育成の仕方もいろいろあって、早口言葉をいうことだったり、長文を決められた時間内に読み上げることだったり、あいうえおを一文字一文字順に読み上げていったりと、身に付けなければいけないことは変わらないんですが、できるようになるために時間を惜しまず練習します。


また発生の練習をするだけあって場所を選びます。声優学校に行くとかならまだ、そんな心配はしなくていいかもしれませんが、公共の場所だったり自宅で行う場合は、考える必要があります。最近では、さほど広くない若い人向けの賃貸でも、防音がされているところもあるので、そんなところなら心配無用です。実際大きな音を出すバンドマンとかの人用にある賃貸です。自宅でいつでも練習したいというなら、そんなところを選んだら便利だと思います。部屋が狭い分、自分の声が聞けて、それはそれでいい練習になると思います。相手に正しく伝えることが目的なので、声優のスクールなど練習する場所も、いろいろなところですると発見がある気がします。ボイストレーニングの成果を発表する時、緊張しいの人は、ただ黙々と練習するんではなく、本番を想定して日ごろから人前でやって、場数を増やすことをしたほうが、本番に強い自分に近づけるんじゃないかと思います。人に見られることに慣れることが、緊張を和らげる一番いい方法だと思います。それに雰囲気に慣れることも、いざというときに、てんやわんやな気持ちにならずに居られそうです。いつでも最善の成果が出せるようになるためにも、練習は欠かせないことです。


次の記事へ